SFC Bass Master Tournament 2nd Floater Cup  文責・BBスイル

2007年4月30日、5月1日

参戦者(年功序列):
国士無双
ナドプロ
親指トム
Peewee
BBスイル
ビギ

やってきました浮き輪カップ第2戦。
第1戦はいぶし銀の国士無双師匠が僅差で優勝(5本の重量3.7kg)したが、今回は一泊二日の泊りがけ。
2日間2ヶ所のそれぞれでブラックバスを5本釣り、2日間のトータル重量で競い合う競技。
1日目と2日目の総合重量で競うため、2日間満遍なく大きいバスを釣って総合優勝を狙うも良し、
大物狙いに行って優勝を狙うも良し、各自それぞれの戦略が反映される競技となった。


4月30日 全羅北道 九耳貯水池

ビギ氏を除いた5人は第1戦時に来ており、更にトム、Peeweeの両氏は爆釣も味わっているポイント。
大きな貯水池だが、前回のトム、Peewee両氏の釣果によると中ノ島と入り江(バス用語でワンドと呼ぶ)
がポイントらしい(上写真の一番左下の辺りが今回の入水ポイント)。
実際に第1戦ではそのワンドで粘った国士無双師匠が大型バスを揃えて優勝している。
従って、本日も皆が目指すのはそのワンドと中ノ島だが、
フローターを持っての入水、つまりスタートは早い者勝ち。

地元の敬老団事務所駐車場で一心不乱に浮き輪を膨らます各選手(笑)

国士師匠はこの時点で既に空気を入れている!

誰が一番にそこへ着けるかが最初の問題であったが、
意外なことに初日のトップスタートは国士無双師匠。
家で練習してきたのか?準備が恐ろしく早い(笑)
あっという間に入水してワンドを目指した・・・らしい・・・。
(・・・如何せん、機動力が弱く?ワンドでじっとしていたみたい・・)

次はPeeweeさん。
魚探付きの愛艇「トレーシーローズ号」と共に一目散に中ノ島を目指しており、
その到達前には既に何本かバスを手にしていたらしい。

続いてはワタクシ・筆者BBスイル
ワンドは巻き物(スピナーベイト、ミノー等、投げては巻く釣り)のポイントだが、
僕はどうも巻き物が苦手。と言うか、釣れても楽しくない・・。

なので、シャローに入ってきたバス狙いで中ノ島を目指し、なんなくバスをゲット♪


クランクベイト イマカツIK-180その頃、遅れて入水したトムさんはワンドで得意のクランクベイト
(イマカツ・IK180)を引いて良型を数本ゲット。
トムさんは今年、年初から運を使いまくって大型バスをゲット、
更に海釣りではアンコウまでゲットしているが、
その運はまだ残っているらしく調子が良い。
そして、最近手に入れたロッドはDaiwa・トップガン。
本人は調子に乗って「トム・クルーズにはトップガンだ」なんて、止まらない状態・・。
誰が彼の前のめり度を止められるのであろうか・・?

さて、帰国が近づいたビギさん。
近くで見ていないので良くわからないが、
台湾のお祈り僧みたいにロッドをを抱えて振りながら拝んでいるのを見ると
恐らく常吉リグであろう。何本か釣っている模様。


他人の状況に敏感な梨本勝ことPeeweeさんの情報によると
「トムさんが大きいのを釣っている」らしい。
やはり例のワンドで巻き物を引けば大きいのが来るのか??

と思ったが、僕はシャロー狙いに絞っているので中ノ島を重点的に狙う。
この日は結構浅いところ(水深70cm以下)までバスが入っていて、
ここに常吉リグを投げると結構簡単に釣れるのだが、大きいのが釣れない。
やはり良型はハードルアーに出るのか??

ということでスピナベを引くが1本だけ。
それ以外はすべて常吉リグ、と自分のスタイルを通して釣った総数は30本くらい?
とにかく数は釣れたが大型が出ない。


Weigh in(ウェイイン・計量)

各自がスカリ(ライブウェル)に入れたバスを持ち寄って、その辺にあった船を活用して選別した。
下の写真はPeeweeさん?がWeigh inしたバス君たち。


そして、秤で計った結果はこれ。

1位 国士無双 4.2kg
2位 Peewee  3.5kg
3位 ビギ     3.1kg
4位 BBスイル 3.0kg
5位 トム     2.8kg
6位 ナドプロ  1.8kg

国士師匠、強い!
前回もここで優勝しているだけあってパターンを熟知しているのか、余裕の暫定1位。
最大魚はイマカツ・スーパーキラービルで獲ったらしい。

2位は機動力&資金力で圧倒したPeeweeさん。
愛艇「トレーシーローズ号」に乗り、スピナベを引きまくった結果とのこと。

念仏釣りで3位入賞はビギさん。
この日から「ビギナー」の称号は取り上げ。

で、筆者・BBスイルは4位。
数はかなり釣ったがサイズがアップせず。これは今後の課題となりそう・・。

5位トムさん。
魚探で水深を図って深さにあわせてクランクベイトを引く、と言う科学的&お金持ち(前のめり)的
釣りの結果だが、ツキが落ちてきたのか5位止まり(笑)

6位:ナドプロ
論外。


2日目の明日はソヤンチョン。
これまでの実績では大型サイズは望めないので、確実に5本釣った人が勝ち。
既に初日の今日で国士師匠が2位に0.7kgの差をつけているのでこれをひっくり返すのは難しい。
アタクシ・BBスイルから見ると1.2kgもの差がついていしまっており、
国士師匠が大ハズシをしてくれないと勝てそうもない・・。



Copyright(C) 2007 Seoul Tsuri Club All rights reserved