6月例会 家族でキョンジ釣り

釣行日:6月9日
行き先:京畿道 清平湖
参加者 : 国士無双(幹事)、2℃、Peewee(お子さん二人)、Kuma、Ban-Q、
      BBすいる、モグリ、岬(お子さん一人)、かじか(文責)
      総勢12名

韓国伝統の釣具「キョンジ」を使った川釣り、それもボートに乗って釣る珍しい釣りですが、
6日の下見の結果も良いので期待して参加しました。

郊外に住んでいる私は5:30にアパートを出てバス、地下鉄を乗り継いで東部二村洞へ7:00に到着。
初めての場所ですが、Ban-Qさんから詳しい地図をもらっていたので迷わず行けました。

早速マイクロバスに乗り、清平を目指して出発。
バスの中では国士無双師匠から清平湖とキョンジ釣りの説明。
「キョンジ釣り 練習編」に詳しく解説があるので、そちらを見てください。

8時半頃釣り場に到着、でもすぐUターンして、仕掛け、ビールを買いに釣具屋へ。
国士師匠は今日の大物賞の賞品に店で一番高級なキョンジを購入。
自分は大物賞をとる自信が無いのでお土産用に安いキョンジを買いましたが、これは正解だった...

飛雄馬!こうやってハエは叩くのよ!(岬)
釣り場へ到着、さすがに韓河は大河川。
広い川幅で静かな水面に見えるが流れは結構速い。
日本語の出来るお姉さんから説明を受け、
ライフジャケットとレンタルのキョンジが配られてみんなで記念写真。
2名ずつボートに乗り、エンジン付きボートで引いてポイントに到着。
河の真ん中、流心ですが、錨を投げ込むと意外と安定している。
早速、こませを沈めてその下流の筋に糸を出して釣りを始めたけど、あたりが無い。
向こうを見るとさんには連続ヒット。
反対側の国士無双師匠の船も釣れてる。
でも自分達の船では私カジカBan-Qさんも全く釣れない.
並んでいる2℃会長も釣れない。

結局ボウズのまま午前の釣りは終わり。
エンジン付きボートの迎えが来てボート屋でメウンタンの酒盛りとなりました。

午後は心機一転、岸よりのポイントに移動。
ボート屋のおじさんが釣って見せてくれるとすぐにヒット!
これならいけると頑張ったけど、結局夕方の納竿までヒット無し、あたりも無し....
これは手ごわい釣りだな...と感じた一日でした。
反省ですが、恐らくこませと仕掛けの位置関係、タイミングが合っていないのが敗因?
ハヤのこませ釣りと同じで、最初にこませを投入するとすぐにヌチがこませ袋のすぐ後ろに集まる。
ここにタイミング良く真後ろに仕掛けを入れると釣れると思う。

釣れなかった原因は仕掛けの位置がずれていた事と、最初は遠くで釣るものと思って、
仕掛けを下流に送りすぎていてだめだったと思います。
釣れない時はこませ袋をしゃくってこませを出そうとしていたが、
むしろ、真後ろに集まったヌチが警戒して散っていたのでは?とも思います。

帰路ではまず、今日の大物賞の発表。
40Cmクラスの大物はさんとBBすいるさんの二人だけ。
わずか5mmの僅差でBBすいるさんが逃げ切り大物賞のキョンジ(高級品)をゲットしました。

その後は皆さんぐったり疲れて爆睡モード。
でも、初参加で初っ端からボウズ!、
さらに追い討ちをかけるように「初参加の人は釣行記を書くんだよね」との
きついお言葉でブルーな一日でしたが、これに懲りずにまたチャレンジしたいと思います。
おまけ写真。
1.オヤジに負けないぜ!(Peewee Jr.2号)
2.バス釣りは上手いんだけどなあ・・(BBすいるプロ)
Copyright(C) 2007 Seoul Tsuri Club All rights reserved