前のめりカウントダウン  

日時 2008/03/29
場所 済州島
参加者 トムさん、モグリさん、石兵衛

某日「庭」で決まった済州島のヒラマサ釣り。狙いは10kgオーバーのオオマサ。

例により、天龍がいいだ、硬い竿が必要だ。とか、
やれ、ドリフトチューンじゃなきゃダメだ。とか、
リーダーはフロロカーボンに限る。とか、全部買った。とか、結べない。とか、
切れる。とか、飛行機はビジネスクラス。とか、釣ったも同然の準備。



で、出陣。
が、この日は北東の強風、雨、小潮としんどいコンディション。





他船も少ない。ベイトの反応もいまいち。というか、どっちも殆どない状況。
午前中はトムさんの鰆らしき1ヒットだけ。痛恨のフックアウト。
羅船長も並んでジグをしゃくりあげるがあたりはない。
午後、雨が強さを増してきた。
初参戦もぐりさんもひたすらしゃくる。辛そう。厳しい。
それでもしゃくる。ジグを取り替える。またしゃくる。
もう4時。ポイント移動か?いや、船は馬羅島から遠ざかり始めた。
今日は終わってしまったようだ。釣れなかった。それも船中ゼロ。
小さくなる馬羅島。
波飛沫、風雨を浴びながら片付けを終え、船室に入る。無言。
はやく、温泉に入りたい。

と、突然エンジン音が小さくなり、船足が緩む。
船長を見やると「操舵室へ来い!」と手招きしている。なにがおこったのか?
指差したのは、魚探。もの凄いベイトの反応がでている。それもかたまっている。

船長は、船を回し始めた。
とにかく速攻で再準備。
ジグを海へ放り込む。着底。無心でしゃくりあげる。

「ガッツーン」
とは、ちょっと大袈裟だが、なんとワタクシ石兵衛の1投目に喰ってきた。
一旦諦めた末の1本。コマサではあるがじつに嬉しい。



その後、同型を1本追加。良く引く魚だったが型は小さい。
とても満足には至らない。
船長が、帰りの飛行機の出発時間を聞いてきた。
ぎりぎりまで攻めるつもりのようだ。
3人は温泉を諦め、船長の熱意に応えるが、ついにオオマサはでなかった。
次回に期待したい。

その他のスナップ
朝、モグリさんタックルにジグをつけてあげたつもりが、
よくみたら自分のタックルにつけていた。

前の晩、船長に結びを教わった。


羅船長との昼食


Copyright(C) 2008 Seoul Tsuri Club All rights reserved