キャスティング炸裂!!! 超大物出現!!!

雄叫びのチェジュ島

日時: 201116日(土曜日)、17日(日曜日)

場所: チェジュ島

参加者: 石兵衛、もぐり、まっつん、ソンオ、ナンデヤ(釣行記第一幕まで:ナンデヤ)
敬称略

 

418日》序章

今年は強風、震災の影響で連続3回チェジュ釣行を、キャンセルしたがやっと今日、飛行機に乗ることが

出来た。羽田空港と同様、1mmAのリチウム電池が持ち物チェックカウンターで引っかかり、韓国では機

内持込は出来ないとスッタモンダ!もぐりさんが眼光するどく係員を睨めつけると帰りは宅配便で送れ

と許可が出た。(もぐりさんカンサハムニダ!こういう時はもぐりさんの体、気迫、韓国語?が物を言う!)

空港ロビーでラーメン定食を食べようとしたら売り切れ。先発の某氏が食べたのがラストだったかも?

まっつん、ソンオ氏ら4人でうどんとビールで夕食。

チェジュで石兵衛さんと合流し、モスルポ港へ!久しぶりの羅船長宅。早速、荷解き、準備、ビールで乾杯

ビール飲んでて気づいた。「しまった。キャスティングロッド忘れた。」しゃあない、飲んで早く寝よ。

しかし、興奮し布団部屋の座談会が盛り上がり2時過ぎまで起きていた。これが、翌日災いした。

419日》第一幕

朝、完全に寝ぼけ眼のもぐりさんを見ながら朝食。まっつんさんから拝借した、キミッテを貼り、酔い止め薬

を飲む。昨年末、軍拡した電動リールに期待しながら乗船。

此処まではいつも通り。でも、だんだん気分が悪くなって来た。

ミヨシにソンオ先生、艫にもぐり、石兵衛両名人、真ん中にまっつん先生と私の配置でスタート......

(艫はキャスティング部隊、まっつんさんは手動ジギング、ソンオ先生と私は電動ジギング部隊)

ソンオさんが、水面付近で小魚をバイトする大型の魚影に叫び声を上げる!!(以降、この方は最後まで騒がしかった)

その雄叫びに続いて、もぐりさんの「ヒット」というでかい声!!!続いて石兵衛さんの「来た!!!」

今日はキャスティングデーかよ.....トホホ

【ソウル釣クラブ創設以来初のキャスティング1号ヒラマサ】   【同 キャスティング2号ヒラマサ】

さらに「来た!」「バレタ!」が約1時間以上続く。船長までも、キャスティングを開始する。

艫の喧騒とは裏腹に、真ん中組みはほぼ完全な沈黙!では無く、急にまっつんさんの竿が「グウ―ン」と

しなる。ナンじゃこの引きはと思ったら、残念ながらのバラシ。恐らく【130cm前後の超大物】

ナンデヤはここから自己撒き餌状態に突入した。昼飯も食えず...心は沈むばかり。早く家に帰りたい!

午後は、ついに出ました、ソンオ先生!!!

【巻き上げてる時もかなり煩かったので写真を横にしました。111cmの大物ヒラマサ君です】

今日は真ん中組みは悪夢じゃ!家に帰りたい!泣き言いうとまっつんさんから「釣れないから明日もやりましょう!」という叱咤激励を戴く!

1530、上がりに近い時間についに小生の電動がヒットを告げる独特の甲高い「ウイーンウイーン」が響く。

かなりの手ごたえ。PE8号も出て行く!ポンピィングで巻き上げると羅船長が「そうだそうだ」と横で励まし

てくれる。浮いてきたら羅さんが「でかいよ!!」なんてすばらしい響き。

船長のタモの中に入らない。うれしい、でかい!!!

120cmの自己新記録のヒラマサ君です。レオブリッジ750電動リールとシマノのバッテリーを勧めてくれた

上野サンスイの大澤さん「謝謝!!!」(ロッド:OFFSHORE STICK WGJ社のWGJ-52SLH

夜は風呂に入り、船長宅でヒラマサの刺身、カマの塩焼き、チリ(辛くない汁)を堪能しました。
>))))>))))>))))>))))
>))))>))))彡彡>))))
>))))>))))
>
))))

(おしまい)

Copyright(C) 2009 Seoul Tsuri Club All rights reserved