タイラバ釣行記


日時: 2013年 5月25日(土曜日)
場所: 충남 보령시
天候:はれ

参加者: ナンデヤ、kaffee、ソンオ、エトゥ、マリオ、マリオ奥様、レッド、まっつん、ひできさん、
がちゃぴん、ごんべえ、Kaffee息子さん、ソンオ息子さん、ひできさん息子さん
萩原さん、今井さん、山本さん、るぱんさん、コダ(記)


出発はいつものセブンに深夜1時集合!!!

集合前に万全を期す為に2時間ほど仮眠をとり参加しましたが微妙な時間である為、皆さんそれぞれ

睡眠をとった方全く眠らずに来た方がいたようです。

私自身、今年初めての釣りであり久しぶりに会う方も多く、また初めて見る方も数名いてやはりお酒飲みだけでは

会うメンバーが限られているなと実感しつつバスに乗り込みました。

チュクチョンにてまっつんさんと、ご友人の今井さんと合流後今回の船場チョンナムに向かいました。

現地には4時ごろには着いたのでしょうか??

ぐっすり寝た事もありどのぐらい時間がたったのか分かりませんでした。

やはり、大型バスでの移動は良いですね・・・

港から1時間半ほど沖に移動し船長からのサイレンと共に各自思いをのせて釣りが開始となりました。

まずは狙うは鯛!!!たいラバ釣りです。

ガチャピンさんにお願いして準備した写真のラバージクをセットし釣行開始です。

※格安で大量のラバージグを準備してい頂いたガチャピンさんに感謝です~




開始直後数分後、初参加のルパンさんにヒット!!!

初参加であった事もあり、レッドさんが一通り仕掛けをセットしまだレッドさん自身が始まって居ない所でのヒットでした。

ロットはしなり明らかに釣れている様子・・・周りの皆から「ゆっくり巻け」との声が飛びかい魚が上がるのを固唾を飲んで

見ていると赤い魚体が上がってくるではないですか!!!

私だけでしょうか・・・鯛は他の魚種と異なり釣りは上がってきた瞬間から特別な物と感じました。

魚体は本当にきれいで、背にはエメラルドグリーンの斑点が目を引きます。

船上の皆な一目見ようと集まります・・


本人いわく3投目程度で来たとの事、なとも羨ましい限りです・・・・

ルパンさんに続けとばか皆必死になりなりナンデヤ会長にも待望の一匹!!



しかしここから後が続きません・・・



その後ポイントを移動し攻めますが全く当りを感じる事が出来ません。

10時近くまで粘りますが船長の指示でヒラメに狙いに変更!!

それからヒラメやウロクを釣り上げます。

おみごとソンオさん、kaffeeさん、エトゥさん




しかしこの日は厳しい・・・・・



わたくしボウズのまま時が過ぎ船長のサイレンが鳴り響き納竿となりました。

おまけ・・・

夜の宴は正に大反省会となり深夜まで語りあい気がつけば24時間以上を一緒に過ごしている事なり

更に反省の日となりました。


おしまい


Copyright(C) 2005-2013 Seoul Tsuri Club All rights reserved.