釣行記(BMT第4戦デホ)


日時: 2013年6月22日(日曜日)  5:30~

場所: デホ

参加者: ベジータ、ウッドチャック、tochan、Aden、ナンデヤ(文責)敬称略


≪黒い陰謀渦巻くデホ ホーhoho?!≫
朝、3時にアパート出発。(前日12時頃迄飲んでたので寝不足)途中完全に寝込む。
第一集合地点ヘンダムドSAに4時20分到着。他のメンバーはまだいない。ウドンを注文し啜りながら
TochanさんにTELすると既に現場に到着している。どうやら他のメンバーも直行の様子。
うどんもオチオチ食ってられない。蚤が最近危険で、試合前、あれほど野糞注意を促したのに皆、大丈夫か?
5時30分、現地は既に夜が明け、3台の怪しげな車から怪しげなフロータが既に搬出されていた。
陰謀?焦り?やる気満々?
では、順位順にコメント



【1位ウッドチャック】
今回は入水も早く水門にいち早く到達、そこでポッパー型のフロッグで2匹連続ゲット。大体800gぐらい。
これはいけると思いましたが、その後続かなかったですね。
ベジータさんが来たので私は沖の方に移動しました。
しかしいつもの250g級がいないんですよ。
去年の工事と思われる土砂の影響で体力のない1年魚が死滅したんじゃないですかね。
沖のポイントで全くあたりがなかった。
一通り2mラインを流してだめなので、沖をあきらめウイードエリアを流してノーシンカーで1匹。
今度は堤防沿いを流してビッグベイト放置プレーで一匹。下から突き上げてきて大ジャンプで食ってきました。
これで午前終了。あーあの針を外す時間が惜しいぐらいに入れ食いで釣れまくったデホはどこに行ったの?という感じでした。

うまいもの喰って午後、左岸。3時間あるし機動力を生かして上流側へ。
しかし水門系のポイントをバズビルマグナムで攻めてもあたりがない。
こうなったら鉄塔下の橋まで行くか、などと考えたがそれではボート漕ぎまくって30分ぐらいでもどることになりそうなのでやめて、
すこし葦際を丁寧に攻めると、フロッグ型のワームにトップででた。700g弱で一匹入れ替え。

この選択がよかったみたいですね。もう一度戻りながらポイントを攻めるとバズビルでは全く反応がなかったところで出る。
800g級でまた入れ替え、そして次の水門で50cm、1.63kgがでました。
ちょっとキャスティングうまくなったんじゃない?という感じで、シェードの奥のポイントにもワームが入り、午後3時間で5匹の釣果でした。



【2位ベジータ】
 今回は防波堤からの入水だったのでポイントを迷いました。
1番出船のウッドチャックさんが沖に出たのを見て水門に向かいました。
その途中3投目ぐらいでバズベイトに反応あり。 食い損ねだったが、魚の活性は高いかなと感じた。
水門近くの葦とウイードの隙間をバズベイトで通すと簡単に50UPが釣れました。 開始10分後の出来事。
フロータのスケールで測ると50は超えている。 51~52cmだろう。
今日は葦際を攻めることに決定。 得意のワームで葦際に入れるが、反応がない。
葦の隙間を見て少し奥に入れると直ぐに反応あり。 推定800gをGET
ストリンガーに付けようとすると、先ほどの50UPが居ない・・・。
ストリンガーが開いて逃げたようである・・・・。 
しかし、今日は爆釣の予感。 気を取り直して葦際を攻めていった。
テンポ良く釣れるので気持ちよいが、葦中はバラシが多いのが気分悪い。
それにしても今日はアベレージが800gぐらいでよく引くので楽しい。 
気がつけば、セミプロ橋を越えていた。 そこでパラダイス発見。
ベイトがうようよ、ウイードがチラホラ・・・。 ノーシンカーワームで5匹連続HIT。
46cm 推定1.2kgも混じり合計15匹程度釣った。


10時になったので早く帰らないと間に合わない。
急いで帰るとまだ時間が余った。 スイル門に入って粘ったが、反応なし。
10時を越えると反応が急に悪くなった。 後30分あるが疲れたので帰還。
ストリンガーには8匹のバスが居る予定だった。
しかし検量時にバスが小さくなっているように見えた。 一回り大きいバスが居たはずが・・・。
バスの数も5匹に減っていた。 
ストリンガーを酷使するとバネ力が無くなりバスがこじ開けて脱走することが判明。
朝に気づくべきだった・・・。 
しかし、午前は1位なので結果オーライ。

昼食が終わり、飛行場からの入水となった。
いつもの様にウッドさんが土管を目指す。 私が先に入水したので目指そうかと考えたが
機動力の差で追い越されることは必至。 諦めた・・・。
近くのインレットの葦際をセコセコやって3匹釣ったがすべてアベレージサイズ(800g)
 
入れ替えなしで撃沈・・・。
しかし、今日は300g~500gレベルの小バスが居ない・・・。 何処に行ったのだろう・・・。
毎年鬱陶しい位遊んでくれるバス君。 大きくなったら遊ぼうね。

ストリンガーをご愛用の皆様、ストリンガーは定期的に広げておきましょう。
バネ力がヘタると魚が逃げます。 前回からストリンガーのために苦戦続き・・・。
スカリ買おうかな。



【4位tochan】
久しぶりのデホ、3時にアパートを出発したら何と4時半前にデホ堤防に到着!
第2ソヘアン高速道路(シフン/ピョンテック高速道路)ができたので、かなりの
時間短縮。
まだ夜明け前であたりは真っ暗。いつも駐車しているところは、工事をしていて
進入できず。懐中電灯で調べてから、横に駐車。
そうこうしているうちに、ナンデヤ会長から電話。「遅いですね。休憩所でうどん
食てますよ。」と。「何を言ってるんですか、今日は現地集合で、もうデホに
着いてますよ-。」「エーッ。車で寝て待ってて下さい。」

明るくなって準備をしているうちに、ウッドさん、ベジータさん到着。
ウッドさんが一番に出航、2番手がベジータさん。私は、一番に準備を始めたのに
3番手。水門前のいい場所は、すでに先客が。。。。。。
でも懲りずに、葦際をねらって1匹ゲット、35cm強。水門の前まで行って粘ったが
ダメ。
沖に出てみると結構ウイードが生えている。絶対釣れるとがんばったが、クランク
でようやく40cm弱を1匹ゲットしたのみ。。。。。。
去年まではデホに沢山いたチビバス達はどこに行ったのか? デホの状態は確実
に変わっている。
午後は、ナドプロポイントから左側の葦際を攻めたがノーフィッシュで撃沈。
4位で終わりました。
【3位ナンデヤ】
靭帯が十分治っていないので、ソロリソロソロやりました。
【ドン欠Mr.Aden】
ウェーダ忘れました。丘に上がった熊さんに一匹も来ませんでした。
※今回の反省
デホは往年の入れれば釣れる状況が一変。厳しい!だから早く入るか対岸の水門周りのワンパターン狙いに
絞られてきた。




Copyright(C) 2005-2013 Seoul Tsuri Club All rights reserved.