BELLY ZONE韓国フローター大会 参加


  日時 2014年 6月 29日 6:30~11:30
  参加者 よっくんさん (ナドプロさん) べジータ
  場所 デホ上流(バスアジト前から入水)

セウォル号の事故で延期となっていたフローター大会が開催されることなり、ナドプロさんから誘いの電話があった。
BMTメンバーに召集をかけるもバイトしたのはよっくんさんだけ。。 
今回はよっくんさんと2名で参加することとなった。


今回よりエレキモーターは禁止とされ、BMT同様人力のみの動力規制がなされた。
今年は私もオール付きなので同等の条件となった。
会場に到着するとペンションのような所で皆泊まっていたようである。 勿論前プラもやっているのでしょう。
準備を終えた参加者は入水ポイント付近でフライングで陸っぱりを始めている。 ベイトがピチピチ跳ねて良い感じだが
誰の竿も曲がらない。  そこにボートトレーラーに乗った本格カヌーが2艇入水された。
いかにも速そうなカヌーである。 競技用か??
ナドプロさんにポイントを聞くと 「流れが合流しているところがポイントだ。」 といかにも教科書どおりの答え。
入水ポイントから約500m先を指差した。






開会式を終えていよいよ入水開始。 
韓国のフローターと競争するも即撃沈。 フェラーリーが負けた? いや、ドライバーの体力の問題か?
韓国のフローターはオールが長く一漕の移動距離が長い。 しかも軽そう。
その横をカヌーが2艘フローターの3倍の速度で追い越し、あっという間に視界から消えていった。


挫折を味わいながら先ず入水ポイント近くのウイード郡を発見したのでそこから攻めた。
韓国人はウイード群には目もくれないであっさりナドプロさん推奨ポイントに向かっていった。
5投目ぐらいでバズベイトに反応あり。 小バスの為針には乗らなかったが十分な手ごたえを感じた。
水深50cm位の所だが、先週までの飛行場の経験からバスは必ず付いていると信じてスピナベ バズベイト ノーシンカー
で攻めるも30cm以下のバスが1匹釣れただけ。。 
入水ポイント付近は網とロープが多くて思うように釣りも出来ないので離脱。 
しかし、先週までの飛行場のようにイージーな釣りが通用しない。 水が濁っている為か・・・。

飛行場まで移動を考えたが、更に3~4Kmぐらいありそうなので断念。
ナドプロさんお勧めポイントに行ってみるも、韓国人が沢山浮いている。
韓国人はワッキーやテキサスをあても無くブン投げているが、殆ど釣れてない。 ポイントとなるストラクチャーも無い。
流れも殆ど無くここはポイントではないと判断、即離脱。
途方に暮れアンパンかじってる写真






上流を見ると4年ぐらい前に一度入水した橋が見えた。 その橋の対岸に移動。 釣り人が多いので邪魔にならないように
蛇行していると結構疲れた。 水も入水ポイントより少し綺麗だし、今日はここで釣りをして帰ろうと心に決めた。
既に9:00であった。 帰路1時間を考えれば実釣時間あと1時間半。。 まとまったウイードもなし。 どうするか??
一旦小便をしに上陸。 浅瀬に沢山のベイトが優雅に泳いでいる。 小便ついでに小石を集めてベイト向けて投げこんだ。
ベイトは驚いてチリジリに逃げていった。 すると始まりました。 バスのフィーデングタイム。
バスに追われて逃げるベイトを多数発見。 水面をじっと見てバスが追っているようなところにスピナベ投入。
やっと出ました。 40cmバスGET
その後も石を投げてはじっと待って・・・。 中々近くでフィーディングは起きなかったが、42cm 47cmを入れて5匹GET
3匹重量勝負なので何とか3本搾り出した感じたが、もう1本45cmクラスが欲しい。 しかし時間切れ。
渋い釣果となった。

帰路は長く思ったより時間が掛かり殆ど最後のウエイインとなった。
結果は 
よっくんさん 1匹 250g


べジータ 3匹2812g 暫定1位


ナドプロさんが「1番 1番!!」とあおってくる。 ついその気になってしまってフローターを貰った気になった矢先、
飛行場帰りのカヌー組みがウエイイン。
2900g 3100gと僅差で両者に負けた。 やはり飛行場付近は今日も爆釣だったようだ。

あと1本45cmが居れば・・・。 あと30分あれば・・・。 と思うと悔いが残る。
賞品差が1位 フローター 75万W相当  2位 ロッド& リール 35万W相当 3位 タックルBOX 5万W相当
なので、100gの重みを感じた大会となった。

1位の賞品写真 (横のフローターはラッキー賞 1/27の確立で当たる)


全体の結果27人中 10人ノーフィッシュ リミットメイク達成が5人という渋い結果であった。

ナドプロさんノーフィッシュ 
TOP一筋でやりきったようです。


よっくんさん 250gで17位 
スカリが壊れて魚が脱走しての結果。 もう一本入っていれば500g~600g
前回BMTからスカリに問題の残るよっくんさん。


べジータ 2812g 3位 
僅差での3位は悔しさが残る。


今回頂いた景品はこちら
参加賞


3位の賞品


集合写真


食事も付いて参加費4万Wでお得な大会であった。
来年もスケジュールが合えばリベンジしたいと考えます。


Copyright(C) 2005-2014 Seoul Tsuri Club All rights reserved.