5月有志釣行「ヤマメ釣行記」
2016年5月有志釣行「ヤマメ釣行記」

日時:2016年5月6,7日
場所:江原道
天候:曇りのち晴天
参加者:あじるさん、kaffee
釣行記:kaffee

今回は、サクラマス、ヤマメ、ネイティブトラウトを狙う予定で
す。サクラマスは情報がないのですが、そろそろサマーランのオスが
狙えると予想。当たれば大型も狙えると期待。サクラマスのランカー
サイズ(トロフィーサイズ)は65cm以上なので、それが目標。ただ、
川の規模から考えてそこまで大型がいない可能性も考えられますが。

 今回も実績ポイントからスタート。本命ポイントに入水する手前の
堰堤下でいきなり私にヒット。今シーズン6匹目の尺ヤマメ、32cm。
そして、本命ポイントでは、サクラマスはヒットしませんでしたが、
ヤマメの反応は良く26〜28cmクラスを数匹追加。ただ、反応は良い
のですが、ショートバイトでフッキングば難しい状況で、ちょっと、
一工夫が必要、それで連発可能。あじるさんはショートバイトに苦戦。
あじるさんにノウハウ説明しながら釣行。



 その後もポイント移動しながら午前中はサクラマスにこだわって
狙ってみましたが、釣れるのは良型(26〜28cm)のヤマメばかり。
これはこれで面白いのですが、やっぱり、サクラマスは難しいです
ね。まだ読み切れないです。次回も、もうしばらく諦めずにサクラ
マスを狙って行きたいと思います。

 午後になって、徐々に上流側に移動して、ヤマメ狙いに切り替え。
いかにも良さそうな流れ込みであじるさんが尺をゲット。



 次のポイントも流れの合流地点で川岸に流れがぶつかる良いポイ
ント。10投程しても、なかなか渋くて魚影を見ることができなかっ
たのですが、10投目に1回だけチェイスを確認。サイズも40cm近く
でチャンスだったのですが、口を使わせることはできず。残念。
それでも粘って、今シーズン7匹目の尺ヤマメ、30.5cmのラン
ディングに成功。



 マルタはもう産卵ピークを越えたと思っていたのですが、ところ
どころで産卵中、産卵待機中の黒い集団を目撃。



黒い部分がマルタの集団。すべて40〜60cmクラス。こんなのが
いっぱいいるのだから、この川の餌の豊富さがわかります。
ただ、これを掛けると後が大変。上げた後に大暴れして、フックを
伸ばされ、消耗が激しいので、うまく避けなければなりません。
コイも80cm〜1mクラスがいるので、こちらも注意が必要。万一掛
かってしまえば、渓流タックルでは上がりません。1日目は良型の
ヤマメにたくさんで出会うことができました。

 2日目、別の川に移動して午前中だけ満州と朝鮮半島だけに生息
するネイティブトラウトを狙います。昨シーズンは私が45cmで大
物記録を更新した後、セミプロさんが51cmでさらに更新。終盤に
わたしも51cmを釣ってシーズンを終了しました。今シーズンは少
なくとも55cmアップが目標です。

 最初のポイント、ここは昨シーズン40cmアップを連発したとこ
ろ。結構期待してスタートしたのですが、フライマンの足跡多数。
最近散々叩かれた後のようでした。40アップ縛りにしようと話し
をして、あじるさんと上流側、下流側に別れて釣行開始。下流側
からスタートした私の方は、28cmを1匹釣っただけで、下って来
たあじるさんと合流。あじるさんの方も渋くてバイトが1回だけと
のこと。今度は、私がそのまま上流側に、あじるさんが下流側へ
場所を交代。上流側には大きな流れ込みがあって、いかにも良さ
そうですが、あじるさんはアタリなし。そこで、フライマンが攻
めたあとだと想定して、フライの竿抜けを考えて攻めてみること
に。私も以前は少しフライをかじったことがあるので、フライで
狙いにくいポイントはわかります。ルアーはキャスティングの能
力さえあればそんな穴はほとんどありません。狙いは的中、結構
な大物をゲット、47cmでした。



 次のポイントに移動、流れのなかでの魚の付き場、釣り方をレ
クチャーしながら釣行。瀬の肩であじるさんが1匹目、良型の36
cmをゲット。さらに移動しながら、あじるさんが初の40アップ、
c45cmをゲット。




釣果もまずまず、いい天気の中、気分良く釣行。



 あじるさんが45cmを上げて、写真を撮る準備をしている間に
私はそのちょっと下流側で大物をヒット、フッキングの瞬間から
昨シーズンの51cmよりも大きいことを確信。流れの速い流心で
掛けて、トルクフルな重い引きと激しいファイトをして魚体が見
えた瞬間、”化け物”と叫んでいました。かなり激しいファイトを
続けた末、ランディングに成功。上がったのは記録更新の56cm。
シーズン1日目で目標達成です。この釣りのために準備した大き
いランディングネットが役に立ちました。ヤマメのようにスピー
ドはないが、とにかく、トルクのある引きが凄い。コンディショ
ンも抜群、本当に丸太のよう。リリースして流れに帰っていく姿
はほとんどコイのようでした。









 その後も釣果を重ね、あじるさんは36,45,30,40cmの4匹。
私は、トータル8匹、尺上は5匹、47,38,56,37,42cmでした。
午前中だけの釣りで数もそんなに出なかったのですが、二人共に
十分楽しめた満足な釣行になりました。シーズンはまだ始まった
ばかり、秋には60cmアップを狙うつもりです。





おしまい。




Copyright(C) 2005-2016 Seoul Tsuri Club All rights reserved.