大雨の翌日、大放水のキョンジ釣り

日時: 2010718日(日曜日)
場所: 清平ダム 
参加者: Tochanさん、ナンデヤさん、石兵衛さん、やり杉(釣行記)
天気:曇りのち雨 放水時間:24時間

 

-<釣行記>-----------------------------------------------

 

前日はクラブの例会、筏釣りに

キョンジの竿を持参30m以上の底を狙うも巻き取り時間、

根掛かりなどのアクシデントに釣果はゼロ、、、

そんな中、石兵衛さんから、明日どっかに釣りに行きたいと提案を受けて

KBメンバーが集結、キョンジ釣行となりました。

 

行きの列車車中にて放水時間が24時間と判明、ダムが見えると発電用にも関わらず

上部水門から滝のような全力放水モード、

釣りになるのかと心配しながら船宿に到着する。

 

いざ出陣しかし、水位も高く、流れは激流、水の色も黄色く濁り今までにないコンディション

船宿の下流入り江から、(ナンデヤさん、やり杉)、(Tochanさん、石兵衛さん)

22列に陣取る

 

こんなコンディションでも意外にも、ここ最近KBが悩まされる小物も少なく

食いは渋いが、掛かればほどほどの型が上がってくる

 
初キョンジの石兵衛さんおめでとう!!!

 

とうとうTochanさんに50cmオーバー大物が!

 

やり杉は布団がイカリに掛かり、さらにゴミ袋を釣りあげるありさま、、、とほほ、、、

 そんな中50cmクラスが一本

いつもとは違うと思いながらも午前の部終了

 

普段はニックネームで呼び合う釣りクラブも、この船宿では実名

我らの国士師匠と同姓の石兵衛さんは、若い&海釣りを付けて呼ぶことに

 

じゃ~国士師匠の???呼び方は???

さらにコシヒカリさんはどうなる???と盛り上がる
ミジョンさん特製のタットリタンでビールが進む~~~♪

 

午後の部は午前中と同じポイントにて引き続きTochanさん、ナンデヤさん

もっと釣れるトーナメントも行われた対岸ポイントへ石兵衛さんが移動、

 

ひとりで頑張る石兵衛さんを応援にやり杉&ミジョン氏が合流

しかし釣れるのはヤマベと小さいサイズばかりである、

 

結局、もとの場所、ナンデヤさんの横に2隻で帰ることに、、、(TT

 

岸から、ナンデヤさん、石兵衛さん、やり杉の3隻フォーメーションに
ここから、帰りの汽車までの時間に良形がかかり始める

 

ナイス~

 

ジギング?身を乗り出してゲット~♪ この持ち方はヒラマサ?

 そしてTochanさんも合流横4隻体制に

そして、やり杉の竿にビニール袋クラスのずっしりとした大物が!

生体反応もある!!もしや!!!

 

ここで参加者の釣行コメントを。。。

Tochanさん

7/17のいかだ釣りから帰る途中、やり杉さんから電話。

「あした石兵衛さんがキョンジ釣りをやりたいというので、行きましょう!」

とのお誘い。これをことわるはずがないKBの私。

 

7/18、現地に到着してみると、昨日の大雨の影響で、大量に放水しており

流れが強くしかもかなりにごっている。

大将は、流れの比較的弱い船宿のすぐ横あたりに船をセットしてくれた。

 

こんなにごりで釣れるのかと半信半疑だったが、ポツポツと釣れる。

10時前に左側においていた手竿を少し動かすと大きなアタリ。

かなりでかい。やわらかい方の名人竿で、かなりてこづりながら慎重に

巻き上げる。

 

おもりのところまで巻いてくると姿が見えた! 50cmは確実にある!!

何とか空気を吸わそうとするが、すぐに深場にそして左右に逃げる!

おもりは大1小1をつけていたが、何回か糸巻きに巻くうちに、1個とれ、

そのうちにもうひとつも落ちて、巻きやすくなる。

 

10分弱、格闘の末、午前10時ちょうどに、敵は玉網に納まってくれた。

船上で計ると54.5cm。あとで船宿で計ったら55cmだった。

 

この大物でニンマリしていたが、午後は、やり杉さんが60cm59cmをあげて

クラブ初の60cm台突入!! くやちい。。。次は63cmを釣るぞ!!

ナンデヤさん

電車に乗り1時間、初参戦の石兵衛氏らとビールを飲みうきうき気分だったが

山間のトンネルを抜け、ダムが見えた時、乗客達が歓声を上げる。何かと思いきや

ダムの水門が5個開けられ、ものすごい勢いで水が放流されているではないか!

こんなシーンは清平に通っている中で、初めて見る迫力の有るものだった。

釣りが出来るのか心配になったが怯む我々ではない。

水の流れが厳しくない岸近くのポイントでいざ釣り開始。

私の2メータ横に居たヤリスギさんは早々に順調な滑り出し。小さい~真ん中サイズを

次々ゲット。ついにはマットレス、枕、ゴミ袋等、様々なものまでゲットし始めた。

ダムよりに後方に居たtochanさんが大物を釣ったようだ。あせり始めたところで午前の部

終了。午後は私は同じポイントで、ヤリスギさんは横に数十m平行移動してスタート。

PIN釣りを錘から針まで1.5ヒロを1ヒロにし、手持ちの竿の錘を午前より半分にしたら当たりが

出始めた。45cm前後がPIN、手持ちに交互にきた。ヤリスギさん、石兵衛さんも大物が

来て取り組みに忙しそうだ。50cm以上が釣れている様子。ヤリスギさんが船で測定すると

60cmという声が上がった。オマイ ガッド!

ついに記録が塗り替えられた。おめでとう!ヤリスギさん!

秋夕までに必ず記録更新をすると誓い、清平を後にした。

石兵衛さん

初キョンジでしたが、午後のいい時間にバチバチバチッときました。

大人げなく立ち上がって取り込んだのは、52cmのなかなかなやつ。

良い日に連れて行ってもらいました。KBのみなさんありがとう。

 

 

60cmをやっとの思いで取り上げて ^^v

残り30分残った撒き餌を目の粗い撒き餌袋に入れて一斉放出

5m先で同様にずっしりとした当たりが、、、取り込んでいる最中に

置き竿にも強烈な当たりが!バチバチと糸が出てゆきます、、、

必死の思いで取り上げるも、置き竿は無残にばれた後でした、、、

 

帰りの汽車時間も迫り、ここで終了!

 55cmにっこりTochanさん

 

計測の結果60cmのクラブ大物記録更新となりました、ありがとうございます!

 両手に大物で~(^^vV

コンディションはともあれ楽しい釣行でした、

1cmずつ大物記録が上がるヌチの大物記録、

今シーズンもまだまだ記録が伸びると確信しております。


(おしまい)

Copyright(C) 2010 Seoul Tsuri Club All rights reserved