2010対馬遠征

日時: 20107/308/1

メンバー:石兵衛、ビギ、もぐり

 

今年も行ってきました!恒例の磯釣りin対馬♪

7/30 7:00に福岡空港でビギさんと久々のご対面。さっそく『ビールで乾杯~』では無く、

貝汁定食にて健康的な会食。きのうの飲み過ぎが効いたか(笑)

 

1日目)

7:50に福岡空港を飛び立ち10:30には浅茅湾の磯の上♪

みな別々の磯にてその結果は!!

 

**それぞれの釣り1**

 

●石兵衛

 恥ずかしくて黙っていたが、午前中にいきなり竿先がポキ。

 今思えば、これで今回の不調は決まっていた。

 午後の磯で1600頃に何枚かの小さい黒鯛が釣れただけ。

 餌取りはフグ。どこへ投げてもフグ。

 

 

●ビギ

釣果:

 0

感想:

  石兵衛さん、もぐりさん私の順で磯に上げてもらった。「影になるけん、体は楽でしょう」という湾の一番奥。

 船をよせてもらうとキビナゴ軍団がお迎えをしてくれた。

 ドン深で足元から一気に20m落ち込んでいる。

 これは手強い。黒鯛は底の方にいるのが普通だから、エサ取をかわしながら仕掛けをなじませるのは至難の業のように思われた。

 対馬では風が強い時ぐらいしか使わない0.8号の浮きに水中浮き5Bにハリスのかなり近い部分にガン球を打って

 ようやくマダイさんが来てくれた。でも20センチだったので即リリース。たぶん食べたら美味しいでしょう。

 苦労しつつ、1750にイサキを釣り上げ、「こりゃだめだ」とあきらめた。

    

 

●もぐり

釣果:

 4枚(頭_45cm

感想: 

 コマセを撒くと餌取がわんさか。外道筆頭のベラ君との再会も嬉しいのは最初だけ。

 初日はこんなものかなぁと思いはじめた16:00ころ、やっと来ました1枚目。

 

 本日の最大サイズも続いてヒット。

 

 満足なスタートとなりました。

 

**1おわり**

 

明日は朝からの1日勝負!景気づけに対馬の名酒『やまねこ』を1本入れる。「これを呑まなきゃ始らない!

「ノルマは11本だぁ!!」と気合120%で宴が始まるが、半分も呑まないで21時に就寝(-_-;

歳には勝てない? ! 歳の功 で翌日に備えたのです。多分・・・

 

2日目)

万全の朝(笑)を向かえ、朝食30分前の5:30からコマセの準備を始める。

前日の釣果で満足してる寝ボケ顔のモグリを尻目に気合十分で準備をするお2人。

気合が伝わってきます。

この日も別々の磯に上がることになりその結果は!!

 

**それぞれの釣り2**

 

●石兵衛

 

  午前中は湾奥の浅場に乗せてもらう。

  ここは餌取りもなく、生命反応ゼロ。

  さらに満ち潮で水没しそうになり慌てて撤収。

  裏のビギさんの磯に寄るが、釣れてるようで竿をあげようともしない。

 

  午後の磯は水族館状態。

  メジナやイサキ、下のほうには大きな魚。

 

  フグやイワシは無数。

  ネンブツ鯛の大群も寄ってくる。

 

  ここでも小型の黒鯛数枚に終わる。

 

●ビギ

釣果:

 13枚(頭_53cm

感想: 

http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=34.32446512279536&lon=129.3400686599795&z=16&mode=map&pointer

=on&datum=wgs&fa=ks&home=on&hlat=34.14731196&hlon=129.27490808&layout=&ei=utf-8&p=%E5%AF%BE%E9%A6%AC

  大船長に渡してもらった磯だが、「だめなら変わりますけん」と自身無げに放り出された感があった。

  

 エサ取りは、フグとカワハギだった。

 カワハギ釣りは、関東で散々やっているので習性はある程度わかる。彼らはアサリの肝が大好き。

 

 そして今回は、オーナー針にこだわっていた。

 

l

  ウルトラ競技チヌ

 

 

 細工チヌ

 

 二つともエサがしっかりと止まるのが売りの針で、おちょぼ口のエサ取りの当たりが手に取るようにわかった。

 浮きがスーッと沈んでぽっかりと浮きが再浮上することが何度もあった。上げてみるとオキアミの尻尾だけが残っている。

 エサ取りさんは、オキアミのミソがお気に入りのようである。

 これに気づいて大きく作戦を変更することができた。 

 

 人気のない磯だったこともあるでしょうけど、今までの自己記録を大きく更新する13枚の黒鯛を上げることができた。

 まぁ、4年も通えばこういう日もあるわね。 

 

●もぐり

釣果:

  2枚(頭_40cm

感想:

  開始1時間ほどで 黒鯛か!ってな当たりが来たが引きも弱く『小さいなぁ』と思ってたが、浮いてくると結構いい型、

 とたんに慎重になり(笑)タモで取り込み。でも40ちょいだった・・・

 

 記念撮影も無事終了

 

  その後もう1枚追加したが満潮で釣りにくくなったので場所替え。

  次に上がったのはドン深ポイント。棚を変えたり工夫も実らず0枚。

 

**2おわり**

 

本日大爆釣のビギさん。おめでとうございます♪ 年無し3枚は凄いですね!!

 

 

お刺身になった年無し

 

3日目)

昨日で大満足した模様のビギさん、朝食にて『今日はルアーで青物でも・・・』と超余裕の発言。

勝負してる訳ではないが、何か悔しい!いや羨ましい(笑)

と言う事で最終日!!

 

**それぞれの釣り3**

 

●石兵衛

 

  昨日釣れた磯にもぐりさんを乗せ、ビギさんの対岸の磯に乗る。

  ビギさんこの日も好調、竿曲がりっぱなし。

 

  会話できる距離なのに、こちらにはなんのあたりもなし。

  ずっとおんなじフグが足元に居ついてて、

  ときどきバシャバシャと暴れ、まるで餌をねだっているかのよう。

  結果、最終日もタモ不要の黒鯛ばかり。

 

 

●ビギ

釣果:

 3枚(頭_52cm

感想:

 何度か乗ったことがある小島。前日の釣果に「燃え尽き症候群」ぎみ。

 「今日は釣れなくてもいいや」ぐらいに思っていたら、いきなり当たりが来た。

 直線的な走り方で、ドラグを緩めにしていたらあっという間に10mぐらい持っていかれた。

 しばらくすると、根にもぐられたのかラインが根にからまったのか、押しも引きもしなくなった。

 テンションを保ったまま放置プレーをしていると、また引っ張り出した。

 魚の向かう先は養殖用のロープがあったので、仕方なくドラグを閉めてじっと引きに耐えようとしたら切られた。

 

 何だったんだろう?竿2本くらいのところで食ってきたからボラじゃないと思うんだけど…

 悔しい。

 

 

●もぐり

釣果:

 4枚(頭_40cm

感想:

  昨日のビギさんのポイントに残った大物を拾いに上がったが、結果、大型は出ず。

 餌取りも多く苦労したが、ボラが回ってきて蹴散らしてくれたお陰で何とか4枚。

 3日間ボウズなしの合計10枚。満足な釣行でした。

 

**3おわり**

 

今回、おいしい所はビギさんが独り占め!心の中で「来年こそは俺がぁぁ!!」と叫びつつ、

「また来れるのか?」と1人つっこみ(笑)

 

対馬遠征の最後の〆、博多で焼肉を食べました。

ビギさんは飛行機の都合で×

とってもおいしかったのですが、なんだか残念会的な・・・(-_-;)

  


(おしまい)

Copyright(C) 2010 Seoul Tsuri Club All rights reserved