キョンジ待望の60cm越え!

日時: 201010日(日曜日)

場所: 清平(曇り、時々小雨)

参加者: TOCHANさん、ナンデヤ(釣行記)

7時いつものコンビニでTOCHANさんの車に乗せてもらい、いざ、清平へ!
車中では、前日の大雨と今日も雨の予報でコンディションを心配しながらABBAを聴く。
途中の山間は重そうな雲が掛かり、中国の水墨画の様。今年は見慣れた景色だ。
雨の連続で、韓国野菜が高騰しキムチもおかわりが只では無くなってしまった。そのうち、キムチデモが起るのではあるまいか?
なんて、考えて入るうちに到着。なんと早くも船を出して釣てる人がいる。急がなきゃ!
店にはストーブが焚かれ温かい。気温が下がるとの事で、上下にヒートテックを着込む。
大きいのが釣れると、船長の言葉に気が高ぶりヒートテックの御陰で体の温度も急上昇。
店の前方の真ん中ぐらいで錨を下ろし、TOCHANさんと3m程度離れ、釣り開始。
2
人同時に始めたが、TOCHANさんは投入したとたん、ビンビン当たりが来る。休む暇無し。

 

 
形の良いのも含め、あっという間に10匹ぐらい釣ってしまった。私はビールを飲みながら写真を撮るばかり。やっと2匹釣ったぐらいで、此処を諦め10時ごろTOCHANさん側へ2m程、近づく!!
しかし、そこでやっと来たヌチを、ビデオ撮影してもらいながらも、バラして散々\\\
今日も駄目かと気が重くなってきた時、置き竿に軽い振動が。また、ピンが外れなかったので、小さい奴だと思い竿を持ち、ピンを外し巻き上げると、ゴム管が見えても魚が見えない。こりゃヒョットして!大きいかなと思ったらズシリと強い反発で糸が出て行く!!しかし、3、4回やり取りすると魚体が現れた。ムムム結構デカイ。TOCHANさんのビデオ撮影を意識しながら慎重に、網で掬い取る。TOCHANさんは「60cmはあるね!」と言うけれど、嬉しいが測定していないので気を引き締める。でも、このヌチをボートの水槽に移そうと蓋の穴に入れようとしたら大きすぎて入れ難いので、これは自己  記録更新かなと期待が膨らむ

このヌチの背びれに7号程度の針が一本刺さったままだったので抜いて上げました。
午後は風がメチャクチャ強くなり、波しぶきがボートの中に入り、船が流れに対し真直ぐにならない。


TOCHANさんの横を断念し橋の近くに移動。風はましになったが、小ぶりのヌチばかり。
風と川の流れが複雑で置き竿と手持ち竿の糸が絡むトラブル続出で、手持ち竿にのみして釣るが
大きいのは何処へ?20匹ばかり釣るが30cm以下。陽が落ちるとラインが見え難い。
6
時半に陸に上がる。先程の大物を計測すると62cmあった!!!!!ヤッホー。
自己記録58cm(2009102日の記録:全くちょうど1年越し)を越えた<<<

 

ジャン........!

終了後、釣店のご家族と一緒にカルゴクスを食べ、お腹も満足して一日を終了した。

     
(おしまい)

Copyright(C) 2010 Seoul Tsuri Club All rights reserved