日本から遠征、待望のヌチをGet

日時: 20101030(土曜日)
場所: 清平(北漢江) 晴れ、水温12.413.4
参加者: 日本から遠征のいとうさん、いつものやり杉さん、tochan(釣行記)

今日のメンバーは、次の3人。

1)日本から遠征のいとうさん

実はまだヌチが釣れていない。今日がキョンジ4回目?5回目?

 30wonの新調の名人竿を手に「今日こそは!」の気合。

2)いつものKBやり杉さん

この写真は何でしょう? 秘密は右の長靴の内部(o^^o)

実はやり杉さんの右足はギプスで固められております。医者から釣の許可は取っているのか??

3)そして、私tochan

 今日はお泊り合宿のため、無呼吸症の大事な治療器と防寒服、それとある仕掛けを車に積んで出陣!

 

さあ、tochan号でいざ清平へ。

 

最近は放水が渋くなっているが、果たして今日はどうか???

昨日の情報では10時からの放水とのことであったが、920ごろもうすぐ到着というところでミジョンさんから電話。

「もう放水がはじまってる!」

さあ、急げ!

 

 

清平は、きょうもすばらしい天気! 場所は、船宿から少し上流の橋寄り。

船宿側からやり杉さん、いとうさん、tochanの順に船が並んだ。

 

まずは、やり杉さんの竿にヌチが!

 

続いて私の竿も大きな音を立てて糸が繰り出す。

 

そして、1021、いとうさんにも待望のヌチが!! 30wonの竿に!!

おめでとうございます!

 

その後もまあまあのサイズがあがります。本日の大物賞は私の51cm

 

 

 

お昼には船宿が出してくれた食事以外に、やり杉さんがヌチをさばいてソグングイ。これが淡白で抜群に美味!!

少し骨が多いですが、お勧めです。

 

 

午後は、2から放水のはずがなかなか始まらず。この時のために、バスロッドを持ってきているのだ!

橋のたもとに行けばバスが釣れると聞き、ボートをこいで行って、スピナベやらワームを試してみたが結局釣れず。

 

みなさん、夜の放水が始まるまで、ゴーストップをしたり差し入れの刺身を食べたり。

  

 

午後の放水が始まったのは6時でした。

 

夜の部は、とても渋く、私は47cm1本。やり杉さんは、大きめのカンジュンチを上げた模様。

もう酒盛りをしようということで、8時半ごろ終了。

 

やり杉さんのカンジュンチは44cmくらいで残念ながら国士師匠の大物記録書き換えならず。

 

やり杉さんコメント:

  長靴のしたにギブスの長靴をはいて、挑戦するも沈黙の撒き餌で無念!竿納までがんばるぞ~

いとうさんもいいサイズ(44cm)をあげていました。

記念写真をとって、本日の釣は終了。

日曜日の放水は無しということで、明日来ると言っていたナンデヤさんに死刑通告して、温泉に泊まりに行ったのでした。



(おしまい)

Copyright(C) 2010 Seoul Tsuri Club All rights reserved