雷なんて

日時:2006年11月5日
場所:タプチョン南15kmの川、ソヤンチョン
参加者:スイルさん、セミプロさん、特別参加 ナドプロさん、トム(記)

深夜に雷があり、一旦は出陣をあきらめたが、天候が回復したようなので改めて出かけた。
トムは8時にシンガルへ行こうと決め手寝ていた、セミプロさんは昼からトムを誘ってシンガルへ行こうときめていたそうな。

 8時30分、再集合の命令が。
反対の声なし、いざ、いざ。

現地に着いたのは12時前、昼食をとって現地へ入ると、そこは晴天ながらも1週間前とは打って違って強風、フローターには、いやセミプロさん以外にはつらい状況は明らかであったが、まあ、いいやな、クラシックじゃないし。
皆、手に持ちきれないほどの釣果、でもセミプロさんは「もう釣るのはやめてくれ」とスイルさんから言われていたのは言うまでもない。スカリが小さく見えた。

帰路、ナドプロさんの釣り仲間と韓国館で夕食、なんでも有名な店だそうで、皆でビビンバをおいしくいただいたのでした。